スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語 

いやぁ、もう酷い本ですよ

化物語(上) 化物語(上)
西尾 維新 (2006/11/01)
講談社
この商品の詳細を見る

なにが酷いって、僕、



電車の中で笑ってしまいましたよ(恥

あまり人がいなくてよかった(汗
がしかし、間違いなく変態に思われたのでは・・・

満員電車では絶対に読んではいけない小説です。
あまりの会話の面白さに吹き出します。

我慢してても、ひたすら続くボケとツッコミの連続攻撃に
どこかでツボに入って笑ってしまうんだよねー。

言葉の組み合わせがすさまじい。
言葉遊びというかなんというか。
さすがです。天才的。
戯言シリーズに出てくる姫ちゃんの言語能力を
さらに一段階グレードアップみたいな。

会話の八割が漫才ではなかろうか・・・

そんな笑いもありつつ、
ストーリーの本筋はちょっとしたミステリーになるのかな。
決して軽くはないですよ!

戯言がいける口なら間違いなくこれもイケルと思う。
強烈なキャラクターに惚れてしまいそう。
スポンサーサイト

コメント

´ω`)ノちゃお!

あれ?
自分がもう一人いるよ?

まぁ、私の場合は「バス」の中ですがね。
隣のおばちゃんに変な目で見られたとさ_| ̄|○

いや、まじで
この本を電車バス内で読むのは
厳しいですよね^^;;
耐えられないw

しかし、僕は基本電車でしか読まないので、
かなり頑張ってます(ぉ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuzutotatibana.blog43.fc2.com/tb.php/217-a9afdf6e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。